多胎妊娠の減胎手術のリスク

多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。
この多胎妊娠は、実は母体や胎児にリスクを背負わせることになるのです。

スポンサードリンク

多胎妊娠にならないように、不妊治療を行っていても多胎妊娠になる可能性もあります。
そうなった場合、減胎手術を母子の安全を考えて行わなくてはいけなくなるのです。

減退手術といのは、どのような手術なのでしょう。
妊娠9週〜12週目の妊娠初期の段階で、減胎を行う胎児のいる胎嚢を超音波で確認します。
そして、針を刺して化学薬品を注入して減胎するというものです。

そのようにして、なくなった胎児というのは母体に吸収されるケースがほとんどなのですが、中には流産という形になってしまうケースもあります。
減胎手術を行った場合、残されている胎児に対しての影響は少ないと言われていますが、リスクに関しては全くないとはいえないでしょう。

減胎手術というのは、日本産婦人科学会の方針として禁止されています。
よって、行うことのできる病院や施設というのは限られているのです。

また、病院や施設によって不妊治療の方針というのは異なっているようです。
「簡単に治療方法をステップアップしていかない」「排卵誘発剤を使用しない」「可能な限り顕微授精は避ける」といった風に、多胎妊娠にならないような方法を行うところも増えてきています。

多胎妊娠になる可能性のある治療法というのは、体外受精や顕微授精なので高齢の方が行う不妊治療に該当します。
したがって、いろいろな治療方法やリスクに関する知識を持っておいた上で、自分たちに合う病院を選ぶことが大切でしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。