不妊治療の多胎妊娠のリスク

胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。

スポンサードリンク

出生死産の割合というのは、次のとおりになっています。
分娩1000に対しての割合は、多胎の場合の方が約4.1倍になります。
「単胎の場合」・・・3.8
「多胎の場合」・・・15.7

新生児死亡率も多胎児が高いという事がわかっています。
分娩1000に対して、2000〜3000年(4年間)間の早期新生児死亡率も、多胎の場合の方が9.18倍になります。
「単体の場合」・・・0.70
「多胎の場合」・・・7.27
また、障害や早産、流産といった割合も高くなっているのです。

次に、つわりに関してですが、妊娠ホルモンというのはおなかの中の胎児が多いことで上昇するのです。
しかも、単体よりも多胎のほうが胎児に必要となる鉄分も多くなってしまうため、貧血も慢性的に起こるのです。
妊娠中毒症である「妊娠高血圧症候群」や合併症になる確率も増加してしまいます。

これらの事から、単体妊娠よりも多胎妊娠のほうが、かなりのリスクを背負うことになるというのが分かるでしょう。
出生率も不妊治療の効果があり、増加傾向になっていますが同時に多胎妊娠の数も伸びています。
よって、多胎妊娠にならないような手段が不妊治療で行われています。

それは、どのような手段なのでしょう。
体外受精や顕微授精で移植できる胚というのは、日本産婦人科学会で3個以内と定められています。
万が一多胎妊娠となった場合、母子の安全を考えて減胎手術が行われます。

しかし、病院によって不妊治療に関する治療方針というのは異なっていますので、治療方針が自分にあった病院を調べて選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。