多胎妊娠は出産に大きなリスク

不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることにもリスクがあり、これには多胎妊娠があります。

スポンサードリンク

一度に二人以上の胎児を妊娠することを多胎妊娠といいます。
多胎妊娠はさらに、二つの妊娠が起こることを双胎、三つの妊娠を三胎といい、それ以降、四胎、五胎といいます。
多胎妊娠は、自然にも起こりますが、不妊治療を行うことで多胎妊娠が、起こりやすく、最近増えてきました。
多胎妊娠は、通常の一子の出産よりも、胎児・母体ともに大きなリスクと危険が伴います。

多胎妊娠の発生率は、統計によれば、1980年代前半頃から、徐々に発生率が上昇しています。
また、この統計では、1984年からの10年で、双胎の発生率は1.2倍に、三胎は2.7倍、四胎は6.7倍、五胎では4.2倍と、いずれも増加しています。
三胎以上の多胎妊娠を取り上げますと、その発生率は、1995年は1974年の5増加をしています。

妊娠率を上げることが、不妊治療の第一目的であり、結果、不妊治療で出生数が伸びるにつれ、多胎妊娠の妊娠出産が増加しました。
多胎妊娠の発生率の増加の原因は、不妊治療に使われる、排卵誘発剤の使用があげられます。

排卵誘発剤は排卵をよくする作用がありますが、女性によって卵巣の反応が強く、卵胞が多く発育してしまう場合があります。
多胎妊娠がリスクが高く、母胎や胎児に危険だと判断された場合、不妊治療は一時中断されます。

このように不妊治療をして、せっかく妊娠しても、多胎妊娠は危険を伴いますので、体外受精・顕微授精での治療の際に、妊娠の確率を上げるために複数の胚を移植しますが、その移植する胚の数を3個以下と、日本産婦人科学会では定め、不妊治療のリスクの制御・回避を行います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。