妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が高血圧、尿たん白、むくみ(浮腫)の症状のうち、一つ以上見られる場合のことを妊娠中毒症といいます。
2005年に、日本産婦人科学会によって、これらの症状から、むくみ(浮腫)は外され、病名も妊娠高血圧症候群と改名されました。

スポンサードリンク

妊娠高血圧症候群は現在も原因は解明されていませんが、妊娠中毒症といわれた、何か、中毒でも起こるものではないことは、はっきりしています。
妊娠高血圧症候群と病名が改名されて理由がこれにあります。
原因については明確ではありませんが、母体が妊娠によって通常のようにコントロールできず、様々な生理現象で起こるのではないかと考えられています。

妊娠高血圧症候群は、年齢に関係なく起こりますが、これも高齢妊娠に高く発生しています。
ある調査では、年齢別に34歳以下の妊婦での発生率が11%程度、40歳以上の妊婦では約30%程度と、高齢であるほど高い発生率を示しています。
妊娠高血圧症候群で高血圧のことでいえば、やはり高齢が関係し、血管が高齢化することが要因と考えられます。

妊娠高血圧症候群は、処置をせず放置すると、子宮へ流れる血液が減少し、すなわち胎児への血液が不足し、胎盤の働きが低下して胎児の発育が悪くなります。
また、母親自身の母胎にも悪い影響を与え、腎臓や肝臓にも障害を起こす危険性があります。
特に高齢妊娠の場合は危険性が高く、血圧の測定をするなど、小さな症状でもかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

妊娠高血圧症候群は、原因ははっきりしなくても、体重の減量と食事の減塩が、年齢に関わらす有効とされています。
更に、また、家系が高血圧の場合、高齢での妊娠は、肥満しないよう、特に注意をして予防に努めましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
流産の原因に染色体異常
妊娠はしたが出産時に流産する割合は、妊娠の全体数の約15%で、高齢出産になるほど......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。