流産の原因に染色体異常

妊娠はしたが出産時に流産する割合は、妊娠の全体数の約15%で、高齢出産になるほど、その割合は多くなります。
しかし、高齢出産だからという場合のみ、流産が起こるとは限りません。
この事についての調査では、年齢別に25歳から35歳の間での自然流産率が10%ほどに対して次のとおりとなっています。
35歳から39歳では倍の20%ほどと高くなってしまい、40歳以上になると40%以上と高くなってしまいます。

スポンサードリンク

流産について原因究明をするため、流産した胎児を調べた結果、多くの死産した胎児に、染色体異常が見られました。
この事から、多くの流産の原因の一つとして、胎児の染色体異常が考えられます。

以上のことから、高齢出産で流産が多いことは、高齢であるほど卵子に染色体異常が起こりやすく、その染色体異常が起こることによって、流産が多くなることがいえます。
しかし、染色体異常がある胎児が全て流産することはなく、胎児は成長し生まれてきます。
近年の医療は、妊娠初期に母親の羊水を検査することで、染色体異常があるか診断できるようになりました。

女性が高齢化して、その卵子が老化して起こる染色体異常は、予防が極めて困難です。

高齢妊娠を迎える上で、高齢出産は流産の可能性が極めて高いことは、リスクの一つとして考えることが必要です。
また、例え流産したとしても、精神的なダメージは大きいですが、前向きに考えることを、心がけるようにしましょう。

高齢妊娠・高齢出産は高いリスクと危険性を伴いますが、必ずしも流産するというものでもなく、また、必ず障害を持って赤ちゃんが生まれてくることもありません。
高齢妊娠・高齢出産は妊娠自体を全否定することではありません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......
染色体異常の子供のダウン症候群
常染色体の21番目の染色体異常起こる疾患をダウン症候群といい、新生児の染色体異常......

▲このページのトップへ