高齢妊娠、高齢出産、また子供へのリスク

一般に35歳以上の妊娠・出産を高齢妊娠、高齢出産といいます。
女性が毎年、歳を取るように、妊娠・出産も老化に伴って、色々な危険性やリスクが伴います。その為、これらのリスクや危険性を回避する注意を、呼びかけています。

スポンサードリンク

女性の体は35歳を過ぎてゆくと、どの様な変化が出るのでしょう。

最初に挙げるとすれば、血液中の染色体の変化があります。
通常、染色体は、22組44本の常染色体と、性染色体という1組2本の2種類があります。
母親と父親の遺伝子は、母親の卵子と、父親の精子の常染色体が遺伝を受け継ぎ、性染色体は性別を分けます。

男性の精子はほぼ毎日、睾丸で作られますが、女性の卵子は、生まれた時に一生分の卵子を体に持っている為、新しく卵子を作ることは出来ません。
その為、卵子は女性が成長して歳をとるとと共に、老化いていきます。
この卵子の老化は、卵子の染色体にも影響を及ぼし、構造や数が異常に変化すると、染色体異常ということになります。
染色体異常は生まれてくる赤ちゃんに、悪い影響を及ぼし、妊娠初期に流産したり、出生全体の0.6%の割合で染色体異常で生まれてきます。

染色体異常で生まれてきた赤ちゃんは、その異常が現れた染色体の場所によって様々ですが、発達遅滞や知的障害などの影響が現れます。
染色体異常が現れた場所が同じ場所だからといって、赤ちゃんに同じ障害が出るとは限らず、〜症候群という、傷病名になります。
近年、医学はめざましい発展を遂げており、この〜症候群には、投薬による治療も手術も行える症状もあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......
流産の原因に染色体異常
妊娠はしたが出産時に流産する割合は、妊娠の全体数の約15%で、高齢出産になるほど......
染色体異常の子供のダウン症候群
常染色体の21番目の染色体異常起こる疾患をダウン症候群といい、新生児の染色体異常......
染色体異常で生まれた赤ちゃんの症状
高齢妊娠・高齢出産では、染色体異常という深刻リスクがあります。 この、染色体異常......
不妊治療費用は高額で全額自己負担
不妊治療の治療費は高額になり、夫婦には重い負担となり、受診をためらう方もいます。......

▲このページのトップへ