東洋医学の漢方での不妊治療

不妊治療の治療方法の多くは、西洋医学に基づいた治療が行われます。
東洋医学にも不妊治療はあり、最初からこれを望まれる夫婦もおられます。
また、最初は西洋治療で不妊治療を行っていて、経過がみられない場合、東洋医学を平行して行う、医療施設もあります。

スポンサードリンク

以下に、不妊治療において東洋医学で行われている、治療法を紹介します。

「冷えについて」
東洋医学では、内腎・副腎・外腎の三つを指して「腎」といいます。
この内腎・副腎は一般にいう腎臓や副腎を指し、外腎は泌尿生殖器のことを、女性においては子宮・卵巣・膀胱などを、男性では厚顔などを指します。
東洋医学でいうこれらの腎が機能低下することを、腎虚といいます。
この腎虚を不妊の原因とし、腎虚を治すことが不妊治療にあたります。
この腎虚の原因として考えられるのは、冷えからだと考えられています。
東洋医学では、不妊治療はまず、この冷えを漢方薬で治すことから始まります。

「悪血について(おけつ)」
血液が体内を正常に循環せず、血液が停滞している状態のことを、東洋医学で悪血といいます。
この悪血は、女性にとって子宮や卵巣に様々な影響を及ぼし、排卵障害や生理不順・生理痛などを引き起こします。
その結果、子宮筋腫や子宮内膜症などの原因になり、不妊への影響も大きくなります。
東洋医学での、この悪血を改善することは、重要な不妊治療です。

これらの冷えや悪血を漢方薬を処方することで、子宮や卵巣を妊娠しやすい環境に改善し、良い環境にすることが漢方の不妊治療の考え方です。
漢方薬を使って、母胎の環境を改善することで、妊娠しやすくなり、生まれてくる赤ちゃんの育つ良い環境の母胎作りが、漢方治療では最適であると考えられています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......
流産の原因に染色体異常
妊娠はしたが出産時に流産する割合は、妊娠の全体数の約15%で、高齢出産になるほど......
染色体異常の子供のダウン症候群
常染色体の21番目の染色体異常起こる疾患をダウン症候群といい、新生児の染色体異常......
染色体異常で生まれた赤ちゃんの症状
高齢妊娠・高齢出産では、染色体異常という深刻リスクがあります。 この、染色体異常......
高齢妊娠、高齢出産、また子供へのリスク
一般に35歳以上の妊娠・出産を高齢妊娠、高齢出産といいます。 女性が毎年、歳を取......
不妊治療費用は高額で全額自己負担
不妊治療の治療費は高額になり、夫婦には重い負担となり、受診をためらう方もいます。......
高齢な夫婦の不妊治療
高齢な夫婦の不妊治療は、自然に近いタイミング療法では難しく、多くは体外受精・顕微......

▲このページのトップへ