体外受精の現状と新しい不妊治療

日本国内で2005年までに体外受精で生まれた赤ちゃんは、日本産婦人科学会の資料では、累計で11万7589人と報告されています。
2003年の単年度で体外受精での出生児数は全体の1.5%の1万7400人でとなっており、65人に1人の割合で体外受精によって赤ちゃんが生まれているのです。

スポンサードリンク

初めてヒトでの体外受精に成功したのは1978年で、その技術は現在では確立したものとなりました。
その後1992年には、更に技術の高い顕微授精が成功し、不妊治療に大きな成果をもたらしています。
ただ、他方で体外受精の妊娠の確率は、時間とともに伸びていない事実も確かです。

以上のことで分かることは、体外受精の治療数や体外受精での出生数は増加しているが、それは不妊治療を行っている夫婦も増加しているということです。
不妊治療を行う夫婦が増加している背景は、妊娠・出産をされる女性が高齢化していることが考えられます。
体外受精の出生数が増加しても、妊娠・出産の時期も高齢化しているため、安心して安全に妊娠・出産ができる年齢の限界は35歳以下であると、提唱する産婦人科医もいます。

不妊治療を何度も受けている40歳以上の女性が、なかなか妊娠しないのは、加齢による卵子の質の低下があげられます。
現在、体外受精の高齢出産についての研究で、卵子の若返りとクローン技術が、卵子の質の低下の解決法として盛んに行われています。
現在、これらの技術はまだ確立されておらず、安全性も補償されていないため、日本では許可されていません。
しかし、将来的にはこの技術も安全に確立され、不妊治療の新しい分野になるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査
不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。 以降に女性の主に受け......
不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......
流産の原因に染色体異常
妊娠はしたが出産時に流産する割合は、妊娠の全体数の約15%で、高齢出産になるほど......
染色体異常の子供のダウン症候群
常染色体の21番目の染色体異常起こる疾患をダウン症候群といい、新生児の染色体異常......
染色体異常で生まれた赤ちゃんの症状
高齢妊娠・高齢出産では、染色体異常という深刻リスクがあります。 この、染色体異常......
高齢妊娠、高齢出産、また子供へのリスク
一般に35歳以上の妊娠・出産を高齢妊娠、高齢出産といいます。 女性が毎年、歳を取......
不妊治療費用は高額で全額自己負担
不妊治療の治療費は高額になり、夫婦には重い負担となり、受診をためらう方もいます。......
東洋医学の漢方での不妊治療
不妊治療の治療方法の多くは、西洋医学に基づいた治療が行われます。 東洋医学にも不......
高齢な夫婦の不妊治療
高齢な夫婦の不妊治療は、自然に近いタイミング療法では難しく、多くは体外受精・顕微......
高齢での不妊治療の限界
高齢で不妊治療法として主なものは、極めて確実な体外受精と顕微授精になります。 不......

▲このページのトップへ