性感染症検査 性交後検査 経膣超音波検査

不妊治療の検査は、2回目以降の受診から基礎検査を始めます。
以降に女性の主に受ける検査について記述します。

スポンサードリンク

・性感染症検査〜感染症は妊娠する確率を低下させる恐れがあるため、これについて検査を行います。
この検査は、クラミジア感染の経歴があるか、血液検査によって確認します。
この検査結果が陽性のである場合は、頚管の分泌物を採取して、罹患を調べます。
もし、罹患中と確認されれば、女性だけでなく男性にも抗生物質治療を行います。
念のために、他の感染症であるマイコプラズマやウレアプラズマなどについて検査することもあります。

・性交後検査〜この性交後検査は子宮内を精子が正常に動いているかを調べる検査です。
この検査は、性交を行った直後に行わなければならない検査で、頚管の粘膜を採取して検査します。
この性交後検査は行わない医療機関もあります。

・経膣超音波検査〜生殖器の疾患や異常などを調べる検査で、子宮や卵管、卵巣の形状や位置を超音波をあてて、正常であるか調べます。
実際の方法は、膣内にブローグと呼ばれる棒状の器具を膣に挿入し、それから出る超音波のはね返りで得られる情報を、モニターに映します。
経膣超音波検査は、不妊治療が始まってからも、行う場合もあります。

・血液検査〜ホルモン濃度調べるために、血液検査を行います。
これは排卵が正常に起こっているかを調べるためで、月経周期に合わせて行います。

・子宮卵管造影〜この検査は高い精度で子宮と卵管の形状や、卵管閉塞などの異常を見つける検査です。
具体的にはX線検査で、生殖器内に直接造影剤を注入してX線撮影を行います。
15分程の時間で済む簡単な検査ではありますが、造影剤を注入することで、少し不快感を感じます。
また、副作用を伴う場合もあり、月経痛に似た感じの痛みや、短時間の失神やふらつき、短時間の臍出血といった症状もまれにあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊治療の中止 苦渋の決断
不妊治療を長年に渡り、努力し続けてきたにもかかわらず、希望の治療経過は得られずに......
高齢妊娠、高齢出産の利点
近年は高齢妊娠や高齢出産の例が多くあります。 よく耳にすることは危険性などのリス......
多胎妊娠の減胎手術のリスク
多胎妊娠というのは、2人以上の胎児を妊娠することです。 この多胎妊娠は、実は母体......
不妊治療の多胎妊娠のリスク
胎児・母体双方の安全に対して、多胎妊娠というのは最大のリスクになります。 出生死......
多胎妊娠は出産に大きなリスク
不妊治療を行う上で、これまでは生まれないリスクを述べてきましたが、生まれることに......
妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群は一般にいわれる、妊娠中毒症のことです。妊娠前にはなかった症状が......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。