近年では珍しくない女性の社会進出は価値観を多様化させ、35歳以上の中高齢からの妊娠・出産とこれを選択する方が増えています。
また、若いうちから中高齢の妊娠・出産を人生設計していたわけでなく、自然に中高齢の妊娠・出産になった方も当然おられます。

スポンサードリンク

35歳以上の高齢出産のリスク回避

一般に中・高齢といえば60歳代からそれ以上のお年寄りのことを指しますが、妊娠・出産に関しては、まだまだ若い年齢層を指します。

それでは妊娠・出産における中高齢という年齢は、何歳からのことを言うのでしょうか。

世界保健機関であるWHOでは、高齢出産は世界で通ずる言葉となっていて、的確な定義は定めず統計の数値や医学上の観点から、35歳以上の妊娠・出産を高齢出産と呼んでいるようです。

この35歳というラインも曖昧で、以前は、30歳以上を高齢出産と呼んでいました。しかし、現在では30歳での妊娠・出産は珍しくなく、区別が出来ないため、1993年に35歳以上とされました。

高齢出産は多くの女性に、色々な不安を与えます。
この曖昧な35歳というラインで区切られ、では35歳になったからといって、明日から何か急に変わるものでもありません。

私たちが年老いていくスピードはとても遅く、はっきり目に見えては分かりづらく、高齢出産のリスクなども同様にゆっくりとしたスピードで増していきます。

この様に高齢出産を如何に安全に終えるには、母体となる女性が徐々に高くなる危険性について、正しい基礎知識やこれを回避する知識などを充分に得ることが、不安を払拭する言葉になります。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

高齢妊娠と高齢出産:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://2.f122.com/baby/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。